にがりの代用はコレで決まりっ!気軽に作れる豆腐レシピを紹介

豆腐

「にがり」がなくても豆腐は作れるって知っていました?

にがりの代用に「ある物」を使えば、豆腐はつくれるんです。

むしろ、にがりを使うより簡単に豆腐がつくれるんですよ。

さらに、あなたのご家庭にも必ずある食材なので、気軽にチャレンジできます。

ここではにがりの代用品をつかった豆腐づくりのレシピを紹介したいと思います。

にがりの代用は天然塩

雪塩

にがりの代用で塩を使います。

ただし、どんな塩でもいいわけではありません。

ミネラルをたっぷり含んだ天然塩がいいんです。

ミネラルにはにがり成分も入っています。

にがり成分とはマグネシウムのこと。

つまり、マグネシウムをたっぷり含んだ塩がにがりの代用になります。

ですから天然の塩でもマグネシウムをたっぷり含んだ塩を使ってください。

ここではマグネシウムをたくさん含んだ塩をご紹介します。

マグネシウムを多く含んだ天然塩

  • 雪塩
  • ぬちまーす 

雪塩

沖縄の塩です。

一般的な天然塩でもマグネシウムの量は100gあたり200mgぐらいでしょう。
しかし雪塩は100gあたり2810mgと大変多いです。

ですから、にがりの代用になります。

そんな雪塩を使ったレシピをご紹介。

用意するもの

  • 雪塩 小さじ1/2
  • 水5cc
  • 豆乳100cc 大豆固形分13%高濃度豆乳
  • 手鍋
  • アルミホイル
  • 耐熱容器

手順

  1. 手鍋でお湯を沸かします。(耐熱容器の半分の高さ)
  2. 耐熱容器に豆乳と水、雪塩を入れて混ぜます
  3. 耐熱容器にアルミホイルでフタをします
  4. 手鍋で沸かしたお湯が沸騰したら、耐熱容器を入れて中火で15分
  5. 火を止めて鍋の中で20分間蒸らします。

参考レシピ

ぬちまーす

ぬちまーすも沖縄の塩です。

ミネラルをたっぷり含み体にも良いです。

マグネシウムは100gあたり3620mgとかなり多く、にがりの代わりには間違い無しです。

では、土鍋で作る「おぼろ豆腐」の作り方です。

準備するもの

  • ぬちまーす小さじ3
  • 無調整豆乳1000cc
  • 水100cc
  • 土鍋

作り方

  1. 無調整豆乳を土鍋に入れて弱火にかけ、時々かき混ぜる
  2. アクが出るまで沸騰したら、アクをすくい火を止める
  3. 水で溶かしたぬちまーすを土鍋に入れてかき混ぜる
  4. 再度、弱火にかける。3分ほどで固まるので火を止める
  5. 蓋をして5分蒸らす

参考レシピ

エプソムソルト

エプソムソルトとはエプソム塩とも呼ばれるが、「硫酸マグネシウム (magnesium sulfate)」の一般的な名称。化学式は MgSO4 で示す、硫酸とマグネシウムの無機化合物である。塩の名が付いているが硫酸マグネシウムの純粋な結晶で、塩分は含んでいない。15世紀~16世紀にイングランドのエプソムという場所で発見され、見た目が白く塩に似ていたためにその名が付いたと言われている。

Wikipedia参照

豆腐の凝固剤として硫酸マグネシウムも使われます。

ですから、エプソムソルトも使えます。

よく海外暮らしの人が、にがりの代わりのエプソムソルトを使って豆腐を作っています。

薬局なんかに売っていますが、食用のものを選んで使ってください。

そんなエプソムソルトを使ったレシピはこちらです。

準備するもの

  • エプソムソルト小さじ1
  • 水15cc
  • 豆乳100cc

作り方

  1. 水のエプソムソルトを入れて溶かします
  2. 1の水を豆乳に入れて混ぜます
  3. ラップをしてレンジでチン(900wで30秒)

参照レシピ↓

Cpicon 豆乳から豆腐 by koma01

酢と卵の殻がにがりの代用になる!

酢 卵の殻

「酢と卵の殻」を使ってにがりの代わりを作れます。

酢と卵の殻だけなので、ぜひチャレンジしてみてください。

酢と卵の殻でにがりを作る

用意するもの

  • 酢50cc
  • 卵の殻、1個分

手順

  1. 酢の中に細かく割った卵の殻を入れます。
  2. 4日ほと置きます。すると、酢が卵の殻をつかし泡が立ってきます。
  3. 最後にキッチンペーパーでこして完成です。

参照レシピ

まとめ

にがりの代用で豆腐の作り方を紹介させていただきました。

塩でにがりの代用をする

  • 雪塩
  • ちぬまーず
  • エプソムソルト

酢と卵の殻でにがりの代用をする

  • 酢50cc
  • 卵の殻

酢に細かく割った卵の殻を入れて4日置き、キッチンペーパーでこして完成

私は豆乳をゲットした時は、天然塩を入れて豆腐を作っています。

即席豆腐ですが、とても美味しいです。

なぜなら、味が濃いんです。
そして甘くてクリーミーな豆腐が出来上がります。

いっぽう、市販の豆腐は味気ない場合が多いです。

なぜなら水分を多く含ませてカサ増ししているからです。

通常にがりを使った豆腐は大豆1kgから約1.5kgしかできません。

しかし硫酸カルシウムやグルコノデルタラクトンなんかを使った豆腐は
4倍にも5倍にも作れてしまうのです。

それなので市販の豆腐は味気ないんです。

ここで紹介したにがりの代わりなら、濃くて美味しい豆腐が作れますので
ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事

澄ましバターの作り方をご紹介!湯煎でもレンジでも簡単に!

すき焼き

すき焼きを土鍋で作るとき注意すべき1つのこと!

燻製

燻製が酸っぱい原因はたった1つ!これを知れば誰でも燻製上手!

塩麹

塩麹の代用はこれで大丈夫!冷蔵庫にあるものでお肉も柔らか!

タイ料理

ナンプラーの臭いを消す3つのポイント!オススメ商品や使い方も

舞茸

舞茸って洗う?洗わない?の疑問にお答えします。