伯方の塩って天然塩?それとも精製塩?見分けるポイントは?

塩

塩を取るなら、健康のことを考えて天然塩がいいですよね。

そこで、気になるのが「伯方の塩」

伯方の塩って天然塩なのでしょうか?

パッケージを見ても、天然塩とは書いてありません。

それどころかメキシコ産と書いてあります。

日本の塩だと思っていたのに、騙された感じ!

天然塩かどうかも怪しく感じてきませんか?

そこで、今日は伯方の塩が天然塩なのか、
それとも精製塩なのか説明させていただきます。

この記事では、天然塩と精製塩を見分けれるように
簡単なポイントを紹介いたします。

伯方の塩だけではなく、その他の塩も
天然塩かどうか見分けれるようになりますよ。

伯方の塩って天然塩?精製塩?

塩

さっそくですが、伯方の塩は天然塩ではありません。

精製塩でもありません。

答えは、再製加工塩です。

再製加工塩とは、「天日海塩」と「海水」を使って作られた塩です。

実際に伯方の塩のパッケージには

  • 【原材料名】天日海塩 海水

と、しっかり書かれています。

ですから、再製加工塩なのです。

ただし、天然塩に近い再製加工塩なんです。

どういうことかというと、

通常、再製加工塩は

  • 【原材料名】天日海塩 粗製海水塩化マグネシウム(にがり)

と書かれています。

つまり後から「にがり」を添加しているんです。

ですが、伯方の塩は、わざわざ「にがり」を添加しなくても
海水を使って補っているのです。

ですから天然塩に近い再製加工塩なんです。

もちろん、体にはとても優しいですよ。

天然塩とは?

では天然塩とは何でしょうか?

その名の通り天然の塩です。

  • 海塩
  • 岩塩
  • 湖塩

以上が天然塩ですが、

熱を加えていないということから、
天日海塩も天然塩と言えます。

天日海塩とは、海水のみを使って塩田で作られる塩です。

加熱処理を行わず、日光や風などの自然の力で乾燥させて作られた塩です。

伯方の塩はメキシコ産?

伯方の塩のパッケージを見ると
天日塩(メキシコまたはオーストラリア)
と書かれています。

これは、メキシコやオーストラリアの塩田で作られた、
天然塩(天日塩)を使っているということです。

じゃあ伯方の塩はメキシコ産なの?と思われるでしょうが、違います。

伯方の塩は、まずメキシコ産の天日塩を輸入します。

そして工場で一度、海水につけて溶かし、砂や汚れを洗い流します。

そして加熱処理して再び塩にします。

つまり製造は日本ということです。

例えるなら、海外の小麦粉を使ってパンを作っても国産ですよね?

それと同じです。

瀬戸のほんじおは天然塩?

「伯方の塩」とともに有名な「瀬戸のほんじお」
こちらは天然塩なのでしょうか?

それとも再製加工塩?

答えは、極めて精製塩に近い再製加工塩です。

「瀬戸のほんじお」は精製した塩にミネラルを添加しています。

成分表だけ見ると、ミネラルを多く含んでいますので、一見、天然塩?と思われがちですが、

工程を見ると

  • 【工程】イオン膜 立釜 高温焼成

と書いてあります。

イオン膜と書いてあれば、間違いなく塩を精製しています。

ですから「瀬戸のほんじお」は精製塩!と言いたいですが
再製加工塩です。

では精製塩とは何でしょう?

精製塩ってなに?

精製塩って何でしょう?

精製塩とは、電気分解によって塩化ナトリウムを99%以上含んだ塩のことです。

「瀬戸のほんじお」は塩化ナトリウムが90%です。

ですから、「瀬戸のほんじお」は極めて精製塩に近い再製加工塩なのです。

そこで精製塩の作り方をザックリ説明しましょう。

  1. まず海水をイオン膜で電気分解します。
  2. 電気分解された塩は塩化ナトリウムとミネラルに分かれます。
  3. その塩化ナトリウムだけを集めたものが精製塩なのです。

 

塩のパッケージで

  • 【工程】イオン膜

と書いてあれば、精製しています。

その上で、成分表に100gあたり塩化ナトリウムが99g
と、書いてあれば、「精製塩」確定です。

たまに、塩化ナトリウムが99%以上の天然塩もあります。

塩化ナトリウムが90%でもイオン膜を使っている塩もあります。

ですから、

  • 【工程】イオン膜
  • 【成分】塩化ナトリウム99%

以上2つをセットで見てください。

※塩化ナトリウムが99%以上ある天然塩はたくさんあります。岩塩、湖塩など。
成分だけを見て、精製塩と判断しないよう気をつけてください。

では、99%以上塩化ナトリウムが入った商品はこちらです。

  • 食卓塩 99%以上
  • 精製塩 99.5%

以上2つはとても有名ですね。

塩化ナトリウム計算式

しかし、パッケージには塩化ナトリウムの量が書いていないことも。

そこで塩化ナトリウム計算式をご紹介します。

ナトリウム〇〇g×2.54=塩化ナトリウムの量

【伯方の塩】
ナトリウム 37.5g×2.54=95.25g

答え 塩化ナトリウム 95.25g

伯方の塩は、100gあたり塩化ナトリウムが95.25g入っていることになります。

「伯方の塩」の成分表を見ると

  • ナトリウム 37.5g
  • 塩化ナトリウム 95.2g

と書かれているので、この計算式は間違っていないですね。

この式は料理なんかでも使えますよ。

※ちなみにナトリウムの量が39gで塩化ナトリウムが99gになります。

伯方の塩のミネラル

伯方の塩のミネラルは以下です。

  • ナトリウム 37.5g
  • マグネシウム 100〜200mg
  • カルシウム 50〜200mg
  • カリウム 50mg
  • 塩化ナトリウム 95.2g

天然塩の見分け方を教えて!

塩

天然塩の見分け方を紹介します。

イオン膜

それは、ズバリ、イオン膜を使ったか使ってないかを見たらわかります。

塩のパッケージで

【工程】イオン膜

と書いてあれば天然塩ではありません。

なぜなら、電気分解しているからです。

電気分解した塩は、塩化ナトリウムが多くなってしまうので、
天然とは言えないですよね。

まとめ

今回は伯方の塩は天然塩?それとも精製塩?について解説させていただきました。

塩は、大きく分けて次の3つあります。

  • 天然塩
  • 精製塩
  • 再製加工塩

<天然塩とは>

  • 加熱処理していない、太陽の熱や風で乾燥させた塩。

<精製塩とは>

  • 電気分解によって塩化ナトリウムを99%以上含んだ塩。

<再製加工塩とは>

  • 天日塩を日本の海水で溶かして加熱処理して再び結晶化した塩。

つまり、伯方の塩は再製加工塩ということです。

<塩化ナトリウム計算式>

  • ナトリウム〇〇g×2.54=塩化ナトリウムの量

<天然塩の見訳方>

  • イオン膜を使っていない

 

塩のパッケージには、成分や原材料、工程が書いてありますので、一度じっくり読んでみることをおすすめします。

意外と新しい気づきがあったりして面白いですよ。

 

関連記事

はちみつ

はちみつの安全な国ってどこ?誰でもできる簡単な見分け方

はちみつ

はちみつの摂取量って1日どれくらいなの?ベストな量を紹介!