バーベキューでクレープを作ったら盛り上がること間違いなし!

バーベキューでクレープを作りました。

結果はとても美味しく、大人から子供まで大満足。

とても盛り上がりましたよ。

そこでこの記事では、クレープの作り方を紹介させていただきます。

目次

バーベキューでクレープ作りは盛り上がること間違いなし!

バーベキューで作るクレープは盛り上がること間違いなし!

バーベキューで作るクレープをご紹介です。

生地はクックパッドのレシピを参考に作りました。

【生地材料】

  • 薄力粉 カップ1杯 100g
  • 砂糖  大さじ1  12g
  • 牛乳  カップ1杯 200cc
  • 卵           1個

Cpicon 生地がおいしいクレープ by トムすけ

クレープの生地を作る

生地を作る

【手順】

  1. ボールに薄力粉と砂糖を入れてホイッパーで混ぜる
  2. 牛乳を半分入れ混ぜる
  3. 卵を入れ混ぜる
  4. 残りの牛乳を入れ混ぜる

鉄板を温める

鉄板を温める

鉄板を温めてから油を塗ります。

ポイントは、鉄板の温め方。

必ず煙が出るまで温めること。

鉄板の表面についた水分を飛ばすことで焦げ付きを防げます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

https://shiitaka.com/2017/11/22/frypan/

煙が出るほど温めた鉄板はかなり高温なので弱火にします。

ちなみに今回使った鉄板は、ユニフレームのエンボス鉄板。

この鉄板は正直、クレープ作りに向いていません。

なぜなら中央が膨らんでいるので、生地が端に流れてしまうからです。

鉄板はフラットな鉄板を使ってください。

焼く

生地を焼く

生地を焼きます。

生地のふち色が変色して、ヘラが通ったらひっくり返します。

そこから15秒〜30秒で裏を焼きます。

生地焼きは正直難しいです。

生地が分厚くなったり破れたり…

コツは、なるべく小さめで作ること。

とはいえ最終的には割と大きく作れましたよ。

トッピング

クレープのトッピング

出来上がった生地にトッピングしていきます。

【トッピング】

  • バナナ
  • ホイップクリーム
  • チョコチップ
  • チョコシロップ

ハーシーズ

チョコレートシロップ

チョコシロップといえばハーシーズ。

ホイップクリーム

ホイップクリーム ホイップクリームがあると便利!

要冷蔵なので出しっぱなしは、ご注意を!

完成

クレープが完成

巻いて完成です。

形は下手くそですが、味はとても美味しかったですよ!




クレープ生地を家で仕込むと楽

クレープ生地を家で仕込むと、次のようなメリットがあります。

  • 洗い物が減る
  • 道具が減る

そこで、クレープ生地を家で仕込むコツを紹介します。

クレープ生地をペットボトルに入れて持っていく

クレープ生地の液をペットボトルに入れてキャンプ場に持っていくと便利です。

余分な洗い物が出ないし、ペットボトルなら持ち運びも便利です。

ただしクレープ生地は生物なので、要冷蔵です。

クーラーボックスに入れましょう。

家で焼いていく

クレープ生地を家で焼いていけば、あとはトッピングだけなのでとても楽でです。

家庭用のコンロなら、火力が安定しているので、クレープ生地が作りやすいのもポイント。

炭火を使ったバーベキューコンロだと火力の調整は難しいですからね。

焼きあがった生地は粗熱をとって、ラップに巻いて持っていきましょう。

あとは、トッピングを楽しんでください。

エッグホルダーがあると便利

エッグホルダーがあると卵の割れを防いでくれます

専用のクレープ鉄板が欲しい

ネットで専用のクレープ鉄板を見つけました。

こんな鉄板でクレープ作ったら楽しいだろ〜な〜

最後に

いかがでしたでしょうか?

バーベキューでクレープ作りはとてもオススメです。

なぜなら、みんなが参加できるから。

例えば、

  • 焼く係
  • トッピング係

なんかを決めてもいいですし、自分のクレープは自分で焼いて、自分でトッピングするってのも面白そう!

それぞれの個性が出ますから。

正直、生地焼きは難しいです。

ですが、うまく焼けた時のみんなの歓声!

ヘンテコな形の笑い声!

どこを取っても盛り上がることは間違いないです。

今まで色々なスイーツをバーベキューで作ってきましたが、その中でもクレープはダントツに楽しかったです!

今後の定番になりそうな予感。

クレープ作りはとても楽しいですので、ぜひやってみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる