すき焼きを土鍋で作るとき注意すべき1つのこと!

すき焼き

土鍋でもすき焼きって作れるのでしょうか?

結論から言うと土鍋で作っても、美味しく作ることはできます。

ただし、注意しなければいけないことが1つあるんです。

もし、それをやってしまうと、土鍋が割れてしまい、せっかくのすき焼きも台無しに。

そうならないためにも、おぼえて欲しいことが1つだけあるんです。

この記事では、土鍋ですき焼きを作るときにやってはいけない1つのことを紹介させていただきます。

とても簡単なことですので、ぜひ覚えてくださいね。

【土鍋で作るすき焼き】注意すべき1つのこと

土鍋

土鍋ですき焼きをするときに、注意すべき1つのことがあるんです。

それは、『関西風すき焼きをやってはいけない!』です。

なぜならば、土鍋が割れてしまうからです。

関西風すき焼きといえば、まずは牛肉を焼きますよね。

これがいけないんです。

牛肉を焼くことで、熱に耐えられなくなった土鍋は割れてしまうんです。

ですから、土鍋で関西風すき焼きは、やってはいけません。

しかし、割り下で煮込む関東風すき焼きなら土鍋を使っても大丈夫です。

すき焼きの関東風と関西風の違い

すき焼きには、大きく分けて関東風と関西風があります。

関東風鉄鍋で煮立てた割り下の中に野菜を入れ、最後にお肉を入れる。

関西風:はじめにお肉を焼いてから、調味料で味付け。順に野菜を入れる。

鍋料理に近い関東風なら、土鍋ですき焼きをしても問題ありません。

すき焼きの老舗『今半』の割り下を紹介

今半

関東風なら、土鍋でもすき焼きができることがわかりました。

せっかくなので、関東のすき焼きの老舗『今半』の割り下をご紹介させていただきます。

【材料】

  • 醤油:2
  • みりん:2
  • 砂糖:1
  • 酒:少々

【作り方】

  1. 鍋で醤油を温める。※沸騰させないのがポイント。香りが飛んでしまいます。
  2. アクが出てきたら、火を止めアクをとる。
  3. 別の鍋に、みりん、砂糖、酒を入れて中火で煮立てる。※しっかりアルコールを飛ばすこと
  4. 甘いみりんの香りがしてきたら、先ほど温めた醤油を入れて、再び煮立てる。
  5. 火を止めてアクをとる。
  6. 1〜2日、冷蔵庫で保存。※味にまろみが出ます。

だんだんと味が濃くなってきますけど!

すき焼きの中盤以降は、割り下が煮詰まり、味が濃くなってきます。

そんな時は、昆布だしで割りましょう。割り下2に対してダシ1の割合がオススメです。

【昆布だしの作り方】

  1. 昆布を70度のお湯で10分煮る。
  2. 昆布を入れたまま冷ます。

 

より本格的に今半の味を楽しみたい方には

今半が厳選した素材を使い 、家庭でも今半の味を楽しめるようになっています。

空だきOKの土鍋ってあるの?

最近では、土鍋も進化しており、空だきしても大丈夫な土鍋があります。

ペタライトという鉱石を混ぜ込んだ土鍋は、とても熱に強いので、空だきも大丈夫。

つまりペタライトを使った土鍋なら、関西風すき焼きも大丈夫です。

でも、

「わざわざペタライトの入った土鍋なんか買わないよ!」

と思ったあなた!

実は、持ってる土鍋がペタライト入りだった!ってことがありますよ。

ちなみに私は、無印良品の土鍋を使っていますが、なんとペタライト入りでした。

もしペタライトが入っていたら、関西風すき焼きも楽しめますね。

すき焼き鍋の代わりって何がある?

フライパン

すき焼き鍋なんて普通持っていないですよね!

そんな時は、

  • フライパン
  • ホットプレート

を使ってみてください。

フライパンなら鉄でもテフロンでも全然大丈夫。

ホットプレートなら、面積が広い上、火力調整もできるので失敗も少なく、野菜も同時に焼くことがでるのがいいですよね。

すき焼きはなぜ鉄鍋がいいの?

鉄鍋

すき焼きには鉄鍋を使う理由は、熱伝導率がちょうど良いからです。

鉄鍋、銅鍋、土鍋で比べると

熱伝導率は

  1. 銅鍋
  2. 鉄鍋
  3. 土鍋

の順番で高いです。

ですが、銅鍋を使うと、熱伝導率が高すぎて肉がこびりついてしまいます。

土鍋だと、熱伝導率が低いので、肉に火が通りにくく、通ったときには肉が固くなってしまいます。

鉄鍋は、熱伝導率がすき焼きをやるのに適しているんです。

まとめ

土鍋ですき焼きを作るなら、関東風で作りましょう。

なぜなら、具材を煮込む関東風なら、土鍋が割れる心配がないからです。

土鍋以外でも

  • フライパン
  • ホットプレート

これら2つならすき焼き鍋の代わりになりますので、使ってみてください。

我が家には、すき焼き鍋はありません。

ですから、すき焼きをやるといったら、昔から土鍋でやる関東風すき焼き。

今まで、土鍋でやって都合が悪かったことは一度もありませんので、土鍋でも問題なくすき焼きをすることができます。

ですから、土鍋でも気軽にすき焼きを楽しんでくださいね。

関連記事

舞茸

舞茸って洗う?洗わない?の疑問にお答えします。

澄ましバターの作り方をご紹介!湯煎でもレンジでも簡単に!

ラード

ラードの使い道は料理だけじゃない!お菓子 美容にも使える!

タイ料理

ナンプラーの臭いを消す3つのポイント!オススメ商品や使い方も

燻製

燻製が酸っぱい原因はたった1つ!これを知れば誰でも燻製上手!

ジンギスカン

ジンギスカンって臭い?いえいえお肉は上手に選べば臭くない!