ステーキの焼き方!オーブンを使えば誰でも簡単に焼ける!

ステーキの焼き方!オーブンを使えば誰でも簡単に焼ける!

ステーキを焼いたらパサパサで硬かったことってありますよね。

ミディアムレアを狙って焼いたはずなのに…

思った以上に焼きすぎてパサパサになってしまうんですよね。

それはなぜか?

それはフライパンを使って焼いたからです。

フライパンでステーキを焼くには火加減がとても難しく、ミディアムレアに仕上げるには、実はかなり高いテクニックが必要なのです。

じゃあ、素人にはステーキをうまく焼くのは無理なのか?

いえいえ、そんなことはありません。

誰にでも簡単にステーキを焼く方法があるんです。

それはオーブンを使って焼く方法です。

オーブンなら、

  • 庫内の温度が一定に出来る
  • 低温で焼ける

と、ステーキを焼くのに適しているので誰でも簡単に焼くことができます。

そこでこの記事では、オーブンレンジを使ったステーキの焼き方を紹介させていただきます。

どこのご家庭にもある普通のオーブンレンジで誰でも簡単に出来ますので、ぜひチャレンジしてくださいね。

ステーキをうまく焼くならオーブンを使って低温で焼く

オーブンを使ったステーキの焼き方を紹介させていただきます。

オーブンなら低温でゆっくりとステーキを焼けるので、肉汁を逃さずジューシーに焼くことができます。

今回使うステーキ肉はこちら

  • アメリカンビーフ
  • 肩ロース
  • 883g
  • 厚み2.5〜3cm
ステーキをうまく焼くならオーブンを使って低温で焼く

この肉を120度に温めたオーブンで焼いていきます。

焼き加減はミディアムレアです。

【手順】

  1. 下ごしらえ
  2. オーブンで焼く
  3. 塩をふる
  4. フライパンで焼く
  5. 仕上げ

1.下ごしらえ

1.肉の重量を計る

肉の重量を計る理由はステーキをミディアムレアに仕上げるためです。

ステーキをミディアムレアに仕上げるためには、肉を焼く前の重量から95〜97%の重量になるまで加熱する必要があります。

そのためにも肉の重量を計ります。

2.肉の表面にオイルを塗る

肉の表面にオイルを塗るのは、肉の乾燥を防ぐためです。

オイルは、ハケや指、キッチンペーパーで塗ります。

なお、ここで塩コショウは振りません。

それは、塩の脱水効果による肉の水分が抜け出るのを防ぐため、コショウが焦げ付くのを防ぐためです。

2.オーブンで焼く

オーブンでステーキを焼く

オーブンを120度に温めます。

次に肉を網にのせ焼きます。

肉を天板の上に乗せると焼けてしまうので網にのせます。

ここでのポイントは、肉の火入れの判断は、肉の重量を量ること。

ミディアムレアに仕上げるには、肉を焼く前の重量から95〜97%の重量になるまで加熱することです。(ミディアムなら93%)

今回は883gの肉なので838g〜856gを目指します。

肉883g×0.95=838g
肉883g×0.97=856g

オーブンでの加熱時間の目安はこちら

肉の重量 調理時間
200g 表 20分 裏 15分
400g 表 30分 裏 25分
600g 表 40分 裏 35分
800g 表 50分 裏 45分
1000g 表 60分 裏 55分

今回は886gの肉なので、表55分 裏返して50分焼きます。

次に焼いた肉の重量を計ります。

目標である重量(838g〜856g )に達していなければ、もう一度オーブンに戻し、5分加熱するといいです。

3.塩をふる

焼きあがった肉に塩を振ります。

塩をふるポイントは2つ

  • 重量に対して0.8%の塩分量をふる
  • 塩分量の3分の2をふる

人が美味しいと感じる塩味は0.8%なので、6.8gの塩を計ります。

肉の重量850g×0.008=6.8g

ステーキに塩をふる

で、6.8gの3分の2、つまり塩4.5gを肉の両面に振ります。

塩を焼く前に振らないのは、肉の水分を逃さないためです。

塩には脱水作用があり、焼く前に振ってしまうと、肉の水分が出てきてしまうのです。

なので、オーブンで焼いた後に3分の2だけ振ります。

残りの3分の1はフライパンで焼き上げ、カットした断面に振ります。

 

今回使った計量器はこちら。

 
0.1gから計れるのでとても便利です。

4.フライパンで焼く

フライパンでステーキを焼く

フライパンで、肉の表面に焼き色をつけます。

1.煙が出るまでフライパンを加熱

2.オイルを小さじ2杯入れる

3.火力は強火のまま肉を投入(盛り付けた時に上になる面から入れる)

4.片面30秒、裏返して15秒、側面を10秒ずつ焼く

5.仕上げ

1.焼き上げた肉にコショウを振る

2.肉をアルミホイルで包み5分休ませる

焼きたての肉は、肉の中の水分子が動いている状態。

この状態で肉をカットしてしまうと肉汁が出てしまいます。

なので、肉の中心温度が落ち着く5分ほど休ませるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

【オーブンでステーキを焼くポイント】

  • 120度でじっくり焼く
  • 肉の重量が焼く前の95%〜97%になるまで焼く
  • 塩分量は0.8%

この3つのポイントをおさえれば誰でも簡単に美味しいステーキを焼くことができますよ。

今回このレシピを知ったきっかけは、この本。

この本の中で水島弘史さんが提唱するステーキの焼き方が掲載されていたのが、知るきっかけでした。

水島弘史さんのレシピの特徴は、料理レシピにありがちな、あいまいな表現が一切ないこと。

例えば、

  • 塩少々
  • 塩ひとつまみ
  • 焼き色がつくまで

といった分かりにくい表現が一切ありません。

それどころか、

  • 何度で何分
  • 塩何グラム

と具体的に指定してくれるので分かりやすく、結果何回作っても同じように作れてしまうのです。

正直、初めは計るのがめんどくさかったりしますが、味見の回数、料理の失敗が圧倒的に減るので、結果的に時短になりとてもオススメです。

このレシピで何度もステーキを焼きましたが、毎回うまく焼くことができるので、ぜひ試してみてくださいね。

関連記事

塩麹

塩麹の代用はこれで大丈夫!冷蔵庫にあるものでお肉も柔らか!

タイ料理

ナンプラーの臭いを消す3つのポイント!オススメ商品や使い方も

豆腐

にがりの代用はコレで決まりっ!気軽に作れる豆腐レシピを紹介

ジンギスカン

ジンギスカンって生焼きでも大丈夫?美味しい焼き方をご紹介!

燻製

燻製が酸っぱい原因はたった1つ!これを知れば誰でも燻製上手!

舞茸

舞茸って洗う?洗わない?の疑問にお答えします。