スタバの椅子にインフレーターざぶとんをススメない2つの理由

スタバの椅子って硬いですよね。

スタバで作業しようと思ってもおしりが痛くて長時間すわってられません。

そんな時は「携帯ざぶとん」がおすすめです。

ただ、「インフレーターざぶとん」はオススメできません。

それは2つの理由があるからです。

この事実を知らなければ、せっかくのカフェ時間も苦痛な時間になってしまいます。

そこで、この記事では、スタバの椅子にインフレーターざぶとんがオススメできない2つの理由を紹介させていただきます。

私が実際にスタバで使ってみた感想を書かせていただきましたので、参考になればと思います。

スタバの椅子にインフレーターざぶとんがオススメできない2つの理由!

ロゴス インフルートざぶとん

「インフレーターざぶとん」を持って、スタバにやってきました。

「インフレーター」とは、空気入れのこと。

つまり「インフレーターざぶとん」とは、空気入れのついた「ざぶとん」です。

キャップを開けるだけで自動的に空気が入ります。

よくキャンプなどで、寝袋の下にしくマットに使われています。

今回は「ロゴス インフルートざぶとん」を使ってみました。

サイズ的には椅子とピッタリ。

期待が高まります。

が、あまりオススメできません。

あまりオススメできない理由は次の2つです。

  • そんなに膨らまない
  • すわり心地が悪い

これらについて解説させていただきます。

そんなに膨らまない

「ロゴス インフルートざぶとん」はあまり膨らみません。

まずは使い方をご紹介。

【使う時の手順】

1 バルブを開く

ロゴス インフルートざぶとん

2 空気が入る

ロゴス インフルートざぶとん

3 くらみが止まったらバルブを閉める

ロゴス インフルートざぶとん

ただし、この手順だけではそんなに空気が入りません。

そこで、次の手順。

4 バルブから息を吹き込む

ロゴス インフルートざぶとん

息を吹き込んで膨らまします。

が、想像してみてください。

おしゃれなカフェで一生懸命ざぶとんに息を吹きかけている姿を!

もちろん外で使うなら全然いいです。

けど、スタバじゃちょっと恥ずかしいかな…

すわり心地が悪い

「ロゴス インフルートざぶとん」は空気をパンパンに入れたらフワフワで柔らかいです。

ただ、すわり心地がイマイチ。

それは、ざぶとんの中が空気だからです。

座っているとフラフラします。

たとえるなら、バランスディスクに座っているよう。

左に体重がかかれば、右が膨らみ、右に体重がかかれば左が膨らみフラフラします。

そらに、体重がかかっている側は、空気がないので、おしりの骨が椅子に当たってしまいます。

骨が当たらないようにするには、常に正しい姿勢で座り続けなければいけません。

座るには、工夫がいるのでめんどくさいです。

「ロゴス インフルートざぶとん」のいいところ

「ロゴスのインフルートざぶとん」は、いいところもあります。

それは次の2つです。

  • シンプルなデザイン
  • 収納袋がついている

これらについて紹介させていただきます。

シンプルなデザイン

ロゴス インフルートざぶとん

「ロゴス インフルートざぶとん」はデザインがシンプルなのがいいです。

「携帯ざぶとん」でありがちなデザインは「キャラもの」。

特に100均などで売っている安いものは「キャラもの」が多い気がします。

そんな「キャラもの」、私にはどうも恥ずかいです。

その点「インフルートざぶとん」はとてもシンプル。

そのまま持ち歩いても恥ずかしくありません。

たとえば、スタバで読書するとしましょう。

手には本とインフルートざぶとん。

まったく違和感がありません。

収納袋がついている

ロゴス インフルートざぶとん

収納袋がついているのもポイント

カバンの中でもごちゃごちゃしません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「インフレーターざぶとん」を使った感想は、スタバではおすすめしません。

なぜなら、座りにくいからです。

とはいうものの、スタバの硬い椅子に直接すわるより全然マシです。

なんだかんだ言いながら、スタバで2時間以上は過ごせましたからね。

フワフワで柔らかいので、使えるには使えます。

ただ、使ってみてとてもクセがあり自分が想像していたすわり心地ではありませんでした。

これを機にもっといい携帯ざぶとん探してみたいと思います。

関連記事

関連記事がありません。