オペラの鑑賞ってほんとに敷居が高い?気になる7つの疑問

オペラハウス

オペラの鑑賞がしてみたくても、なんだか敷居が高そうですよね!

だって、細かいルールやマナーがありそうですもん。

例えば、

  • 服装はこれじゃないとダメ
  • 拍手はこのタイミングで
  • 席の選び方はこう

など、オペラ初心者にはとても敷居が高そう。

でも、実はオペラってそんなに堅苦しいものではありません。

それは、この記事で書かれた7つの疑問を読めばわかります

これであなたもオペラを気軽に楽しむことができますよ。

オペラ鑑賞ってほんとに敷居が高いの?初心者の気になる7つの疑問

オペラの鑑賞ってほんとに敷居が高いのか、7つの疑問をそれぞれ解説させていただきます。

  • チケットの値段が高そう
  • 席の選び方がわからない
  • 話がわからない
  • 言葉がわからない
  • 服装はどうしたらいいの?
  • 拍手のタイミングっていつなの?
  • 休憩中はどうしたらいいの?

チケットの値段が高そう

東京の新国立劇場では1500円からチケットを買うことができます。

1500円ってめちゃめちゃ安くないですか?

映画館で映画を見るよりも、ライブハウスでインディーズのライブを見るよりも全然安い!

しかも、世界でも有数の「新国立劇場」でプロの演奏を生で見れるんですよ。

ただし、1500円の席は人気ですぐなくなってしまいますが、、、

全国のオペラ公演を調べてみると、安い席だと3000円くらいからあります。

3000円なら気軽に買うことができますよね。

席の選び方がわからない

席選びの基準は次の3つです。

  • 「音」を優先する
  • 「よく見える」を優先する
  • 「安さ」を優先する

何を優先するかで席の選び方は変わってきます。

  • 「音」を優先するなら3階正面
  • 「よく見える」を優先するなら1階
  • 「安さ」を優先するなら最上階のすみ

初めてのオペラなら、その迫力を存分に味わえる「よく見える席」で楽しんでもらいたいです。

逆に、「安い席」もオススメ!

なぜなら、オペラを気軽にたくさん観れるからです。

ですから「安い席」にはオペラファンがたくさんいられます。

私としては、2回目以降のオペラならこの「安い席」もオススメします。

話が難しい

オペラのストーリーはざっとこんな感じです。

「まじめな兵隊が、仕事も忘れるほど惚れ込んだ女に夢中になるが振られ、キレてその後は、、」(カルメン)

「田舎者の男が都会に住む色女に惚れ一緒にくらすが、親に反対され、離れ離れに。やがて女は結核にかかってしまい、、」(椿姫)

オペラのストーリーは恋愛のわかりやすいものが多いです。

あらすじを事前に知っておくとオペラがより解りやすく鑑賞できますよ。

言葉がわからない

オペラ公演では字幕が出ます。

日本語のオペラでも外国語のオペラでも字幕は出ます。

これは、歌がメインのオペラでは歌詞よりメロディーが優先。そうすると聞き取りにくい言葉がどうしても出てきてしまうからなのです。

字幕の映画を見る感覚でオペラも楽しみましょう。

服装はどうしたらいい?

服装はカジュアルで大丈夫です。

  • 男性ならノーネクタイ
  • 女性ならワンピースやブラウス

で全然大丈夫です。

むしろ、タキシードなんて着て行ったら浮いてしまいます。

なのでオペラはカジュアルで鑑賞しましょう。

オペラ鑑賞の服装について詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。

オペラ劇場
初めてのオペラ鑑賞。服装ってどうしたら良いのか悩みますよね。 オペラってなんだかクラシカルでルールが厳しそう! ドレスアップした人が...

拍手のタイミングっていつなの?

拍手のタイミングは「幕が終わったら」が基本です。

オペラでは場面展開が何度かあり、そのたびに幕がおります。その時に拍手をしましす。

ただし、幕がおりない作品もあります。

そんなときは、ラストのカーテンコールで拍手を送りましょう。

オペラ上級者になれば、聴きどころの後で拍手をしたりかけ声をしたりします。

まあ難しく考えず、周りの人に合わせて拍手をするのが無難ですね。

休憩中はどうしたらいい?

オペラは20分から30分の休憩が1回から2回あります。

休憩中では、

  • トイレ
  • 物販を見る
  • ワインを飲む
  • 会場を散策

などをして、時間を過ごすのがオススメです。

オススメの劇場3つ

日本のオススメする劇場を紹介します。

新国立劇場

Kohji Kondohさん(@kondohpeter)がシェアした投稿

東京の渋谷にあるオペラとバレエ専門の劇場。

年間で10演目ほど上演しています。

世界的に有名な歌手や指揮者が来ることもあります。

チケット代は1500円から2万円台まで

ホームページ:新国立劇場

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

labellelunekyotoさん(@labellelune425)がシェアした投稿

本格的なオペラハウスです。

琵琶湖のほとりに建つ姿は、オーストラリアのオペラハウスのよう。

年中、オペラやバレエ、クラシックコンサートを行っています。

チケット台は4000円から。

ホームページ:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

兵庫県立芸術文化センター

@nadasahiがシェアした投稿

コンサートホールとして年中、オペラやコンサートなどを行っています。

チケット台は3000円から。

ホームページ:兵庫県芸術文化センター

引っ越し公演とは?

海外の劇場が、

  • 歌手
  • 指揮者
  • オーケストラ
  • 演出家
  • スタッフ

そのまま引き連れて日本の劇場にやって公演することです。

有名どころが来ると、その分料金も跳ね上がります。

ですが、有名ではない劇場の引越し公演はお手軽に海外のオペラを楽しむことができます。

まとめ

オペラ鑑賞で気になる疑問を7つ解説させていただきました。

  • チケットの値段が高そう → 1500円から
  • 席の選び方がわからない → 何を優先するか?「音」か「眺め」か「安さ」
  • 話がわからない →実はわかりやすいストーリー
  • 言葉がわからない →字幕がある
  • 服装はどうしたらいいの? →カジュアルで
  • 拍手のタイミングっていつなの? →幕がおりたら
  • 休憩中はどうしたらいいの? →トイレ休憩や物販コーナーで時間を過ごす

オペラ鑑賞が敷居の高いものではないことがご理解していただけたでしょうか?

私たちはテレビや映画の影響で勝手にオペラが敷居が高いものだと思っていましたが、そうではないんですね。

最近では、学生割や会員割などより短に感じる制度もあるので、積極的に利用してオペラを楽しんでみてはいかがでしょうか?

最後までありがとうございました。

関連記事

みかん狩り

愛知県でみかん狩りをするならココ!おすすめスポット5選

オペラ劇場

オペラ鑑賞の服装で気をつける事はたった2つ!

香嵐渓の紅葉

香嵐渓の紅葉|渋滞回避は早朝がオススメ