ブラウンのビアードトリマーをレビュー!使ってわかった4つの事

バリカン

「ブラウンのビアードトリマーBT3040」がとっても使いやすかったので解説させていただきます。

この記事では

  • ヒゲの剃れ具合(写真付き)
  • 使ってみてわかったオススメする4つの理由
  • 口コミでよく見るデメリットを検証

について書かせていただきました。

この記事が参考になればと思います。

ブラウン ビアードトリマー BT3040を使ったヒゲの剃り具合はこんな感じ!

バリカン

3mm以下でヒゲを整えれるヒゲトリマーを探していたところ、理想のヒゲトリマーを発見しました。

それは「ブラウン ビアードトリマー BT3040」

ダイヤルを回すだけで0.5mmから20mmまで0.5mm間隔で39段階ヒゲを調整できるスグレモノ!

ブラウン ビアードトリマー BT3040

私の希望を十分に満たしてくれそうだったので購入してみました。

中身はこんな感じ。

バリカン

なぜか、「ジレットカミソリ」も入っています。

実際にヒゲを剃ってみる

「ブラウンビアードトリマー」を使って実際にヒゲを剃ってみました。

刃の長さを「3mm」→「2mm」→「1mm」の順番で変えて口ひげを剃ってみました。

ヒゲを剃る前はこんな感じ↓

ヒゲ

3mmで口ひげを整える

ヒゲ

まずは、3mmで「口ひげ」を整えます。少し薄くなったなのがわかります。

2mmで口ひげを整える

ヒゲ

続いて、2mmで口ひげを整えます。ヒゲの濃さがなくなってきました。

1mmで口ひげを整える

ヒゲ

ラストは1mm。1mmだと地肌が見えて薄いヒゲです。

感想

私の好みだと、1mmは短すぎ。でも2mmは長すぎ。

なので次は1.5ミリでヒゲをそることにします。

好みの長さを微調整できるのはいいですね。

ビアードトリマーをオススメする4つの理由

ビアードトリマーのオススメポイントを4つ紹介します。

  1. 水で丸洗いできる
  2. 自動研磨機能
  3. もみあげの手入れもできる
  4. 充電しながら使える

1水洗いできる

「ビアードトリマー BT3040」は、水洗いできます。

以前は洗面器の前でヒゲを剃っていましたが、今では風呂で「ビアードトリマー 」を使っています。

お風呂なら体も洗えてヒゲも剃れて、ついでに「ビアードトリマー 」も洗えて、さらに剃り落ちたヒゲも水で流せて、一度にいろいろなことができ本当にヒゲ剃りが楽になりました。

2自動研磨機能

電源を入れた瞬間から、自動で刃が研磨されるのでいつまでも切れ味が損なわれません。

3もみあげも手入れできる

もみあげ

もみあげの手入れも楽です。

手入れ後はこんな感じ。

もみあげ

以前の私は、「ハサミ」を使って自分で整えていたので、よく失敗していました。

しかし「ビアードトリマー 」なら誰でも手軽に仕上げることができます。

4充電しながら使える

「ビアードトリマー」 は8時間充電しても60分しか使えません。

なので使ってる途中でバッテリーがなくなることも。

ですが、もしも使っているときにバッテリーが切れてもコンセントに差せば、すぐ使えます。

充電中

【口コミで見るデメリットを検証】ビアードトリマーはバリカンとしてはイマイチなの?

ネットの口コミを見ていると、

  • 「ビアードトリマー 」は刃の幅が短いので丸刈りに時間がかかりバリカンとして使えない。

という意見を見かけます。

そこで、「バリカン」と「ビアードトリマー」の刃の幅を測ってみると、

  • 【ビアードトリマー】:28mm
  • 【バリカン】:36mm

確かに「ビアードトリマー」の方が8mm小さいです。

バリカンの刃

ですが、たった8mm。

あまりデメリットとは言えないような、、

ひんぱんに丸刈りする人ならまだしも、たまの丸刈りなら「ビアードトリマー」 でも充分。むしろ刃の幅がせまいから、よりきれいな仕上がりになると思いませんか?

BT3040とBT3020の違い

「ブラウン ビアードトリマー」は2種類あります。

  • BT3040
  • BT3020

ここでは2つの違いを紹介させていただきます。

BT3040 BT3020
0.5mm幅・39段階調整 0.5mm幅・20段階調整
刃の自動研磨機能つき 刃の自動研磨機能付き
8時間充電・60分使用 10時間充電・40分使用
水洗い可 水洗い不可
ジレットカミソリ付き

「BT3020」は完全にヒゲ剃り専用です。

ヒゲ剃りをするだけなら「BT3020」で充分です。

しかし、ヒゲ剃りをするだけでも「BT3040」の「水洗い可」「バッテリーの性能」は魅力的!

値段はBT3040が少し高いですが、それでもBT3040をオススメします。

まとめ ブラウン ビアードトリマーを選んだ理由

ブラウン ビアードトリマー

「ブラウン ビアードトリマーBT3040」はダイヤルを回すだけで刃を調節できるシンプルさがとてもいい感じ。

0.5mm間隔で刃の長さを変えれるので、自分の理想の長さを探すことができます。

ヒゲの長さで悩んでいる人にはぴったりですね。

以前の私はバリカンでヒゲを整えていました。

そのバリカンでは、3mmの短さで整えるのが限界。

私は口ひげが濃いのが悩み。3mmだと、とても見苦しくなってしまいます。

そこで考えたのが、ヒゲを短くすること。

ヒゲが短くなれば見苦しさがなくなり、爽やかな感じになるのでは?と思い、短く剃れるヒゲトリマーを探し始めました。

初めは、2mmか1mmのアタッチメントに交換できればいいかなと思っていましたが、技術は私の想像よりもはるかに進歩していました。いちいちアタッチメントを交換しなくてもヒゲの長さを調節できるヒゲトリマーがあるではありませんか。

それが「ビアードトリマー 」

いろいろな商品を手にとって試してみましたが「ビアードトリマー」がいちばんスムーズ!だってダイヤルを回すだけですからね。

実際にお店の売り上げNo. 1は「ビアードトリマー 」というのも納得です。

そんな「ビアードトリマー 」ですが、たまたま店には在庫が1個のみ!

そんな時に店員さんがよってきて、

店員さん:「オススメですよっ」

というのです。

私:「どこがオススメなの?」

と聞き返すと店員さんは、

店員さん:『ダイヤルの使いやすさ』

だそうです。

悩んでいた私に、追い打ちをかけるように、さらに店員さんは言いました。

店員さん:「今ならシェービングクリームをお付けします」

のダメ押し!

私は、店員さんの「熱意」と「よくわからないお得感」に負けて購入!

さっそく家に帰り使ってみることに。

「これ、めちゃいいじゃん!!」

使いやすさに感動しました!

店員さんが熱を入れるのもわかります。

さらに奥さんからも、

「なんか若返ったね」

とありがたい一言をいただきました。

今までは、ヒゲ剃りは「めんどくさい」でしたが、これからはヒゲの手入れが楽しくなりそうです。

最後までありがとうございました。

関連記事

財布

サンクの財布をレビュー!妻がオススメする4つのポイント