【電気ケトル比較】わく子とティファールを実際に使ってみた!

蒸気レス電気ケトルわく子 ティファールJUSTINE

電気ケトルといえばティファールを思い浮かべる方も多いと思いますが、タイガーから出ている『蒸気レス電気ケトルわく子』も大変人気。

結果から言うとどちらも個性があり、買って損はないです。

ただ、選び方を間違えると、それぞれの特徴をいかしきけないばかりか、火傷事故につかながる恐れもあるので、慎重に選びたいところ。

そこで、わく子とティファールをどちらも使ってみた私が早速レビューしてみました。

わく子とティファールの比較が参考になればと思います。

わく子とティファールはどっちがオススメ?

タイガーの『蒸気レス電気ケトルわく子』とティファールの『JUSTINE』ですが、両者とも沸かすスピードは抜群に早いですし、消費電力だってそんなに変わりません。

じゃあ、どっちがオススメなの?ってなりますよね。

私が使ってみた第一印象は次の通り。

  • 安全性→『蒸気レス電気ケトルわく子』
  • 使いやすさ→『JUSTINE』

わく子は蒸気レスという特徴があるため、構造上、密閉されています。そのため、非常に安全な作りになっています。

もし、小さなお子さまがいらっしゃるご家庭でしたら『蒸気レス電気ケトルわく子』をオススメします。

一方、使いやすさではティファール『JUSTINE』が圧倒的です。

水を入れてから、注ぐまでがかなりスムーズ。

我が家のティファール『JUSTINE』は5年前のものですが、最新の『蒸気レス電気ケトルわく子』より使い心地は良いです。

ですので、あなたが1日に何回もケトルを使うのなら、『JUSTINE』をオススメします。

私が使った第一印象ではこんな感じでした。

そこで、さらに詳しく『蒸気レス電気ケトルわく子』と『ティファールJUSTINE』に迫ってみましょう。

『蒸気レス電気ケトルわく子』の特徴は5つ!

電気ケトル

わく子の特徴は以下の通りです。

  • 蒸気レス
  • 音が静か
  • 二重構造
  • お湯もれ無し
  • フタの取り外し

蒸気レスって言っても本当はちょっとくらい蒸気出るんじゃないの?」って思っていましたが、全く蒸気が出ません。これにより、家の結露が防げます。

また蒸気レスなため、容器が密閉されます。それにより沸かす音がとても静か。初めて使った時は、本当に沸いているのかわかりませんでした。

そしてお湯を沸かした時も『わく子』は本体が二重構造になっているため、外側が熱くなりません。

さらに本体を転倒させてもお湯が溢れることはないので、火傷をする危険性も低いのです。

最近では小さなお子さんが電気ケトルで火傷をする事故が相次いでいるため、消費者庁は「Sマーク」の付いている安全性の高い製品を使用することを促しています。

もちろんわく子にはバッチリ「Sマーク」が付いていますよ。

掃除の面でも、フタが取り外しできるのが嬉しいですね。

以上5つが『蒸気レス電気ケトルわく子』の特徴です。

ティファール『JUSTINE』の特徴は何と言っても使いやすさ

ティファール『JUSTINE』の特徴は何と言っても使いやすさ

フタが取れないのがデメリットみたいに言われる方も見えますが、私はフタが取れないのが逆にいいです。

なぜなら、全て片手でできるので、いちいち置いたり持ったりする手間がかかりません。このちょっとした手間が意外とめんどくさかったりするんですよね。

次に『JUSTINE』はお湯が注ぎやすい

わく子は本体の形が円柱なためお湯を注ぐのに結構傾けなければなりませんが、『JUSTINE』は曲線を描いた形をしているので少し傾ければお湯が注げます。

特に少ない量、コーヒー1杯分を注ぐ時に違いがはっきりわかります。

使いやすさはティファール『JUSTINE』です。

タイガーわく子とティファールの電気ケトルタイプ別比較

タイガーとティファールにはさまざまなタイプの電気ケトルがでています。

ここではタイプ別の比較をしてみました。

あなたの用途にあった電気ケトルを探してみてはどうですか?

容量 温度設定 空焚き防止 転倒湯もれ防止 二重構造 フタの取り外し 蒸気レス
T-fal アプレシアプラス 0.8L
T-falアプレシアウルトラクリーンネオ 0.8L
T-falジャスティンプラス 1.2L
T-fal ヴィティス ネオ 1.0L
T-falアプレシア エージープラスロック 0.8L
T-falジャスティン プラスロック 1.0L
T-falラシュレ エージープラス ロック 0.8L
T-falノヴェア 0.5L
T-fal アプレシア エージー プラス コントロール 0.8L
タイガー電気ケトルPCI 1.0L 1.2L
タイガー電気ケトルPCF 0.6L   0.8L
タイガー蒸気レス電気ケトルPCH 0.6L   0.8L
タイガー蒸気レス電気ケトル 0.8L   1.0L

 

この表をみて感じたことは、タイガーは安全面に気を使っているのがわかります。

一方、ティファールは種類が豊富。そのため自分の求める機能があるタイプを選べます。

※タイガー蒸気レス電気ケトルわく子PCHシリーズとPCJシリーズの違いは、PCJシリーズの方が、容量が多いのに軽いです。ですから、お湯が満タンでも誰でも楽に持つことができます。

まとめ

タイガー『蒸気レス電気ケトルわく子』とティファール『JUSTINE』を比較してみました。

  • 安全性→『蒸気レス電気ケトルわく子』
  • 使いやすさ→『JUSTINE』

我が家のティファールは5年以上使ってきましたが、注ぎ口にヒビがはいり、お湯が漏れてしまうので、電気ケトルを買い換えることにしました。

我が家には4歳と2歳の娘がいるため安全性と蒸気レスに魅力を感じ『蒸気レス電気ケトルわく子』を購入。

さすがに5年の月日が経てば、電気ケトルも進化していて驚きました。

今回購入したわく子には5年は頑張ってもらいたいです。

この記事が参考になれば嬉しいです。最後までありがとうございました。

関連記事

鎚起銅器の茶筒

鎚起銅器を正しく手入れして、いつまでもピカピカの輝きを!

フライパン

鉄のフライパンが焦げ付く原因を知る!正しい手順で家族も笑顔

フライパン

リバーライト炒め鍋28cmを実際に使ってわかったこと